製品情報

PRODUCTS
最適膜 DLCから セラミックから 被加工材から 探す

OS-R

OS-R
 
耐摩耗厚膜仕様

用途:プレス金型、アルミダイキャスト金型

スペック

  • 色調
    シルバーグレー
  • 膜硬度
    3000Hv
  • 膜厚
    6〜10µm
  • 酸化温度
    1000℃
  • 処理温度
    400〜500℃

試験

 試験1

 
■目的
アルミ溶損試験
OS-RとCrN、OS-C、OS-Ⅶ比較

  

■試験内容
 

<図>溶損試験概略

試験片寸法:φ10×100L (SKD61)
試験片数量(1回につき):2
浸漬深さ :50mm
回転半径 :20mm
回転数  :70rpm
試験片速度:8.8m/min
1時間当たり試験距離:528m

1サイクル:4hr
試験時間:4hr
試験距離:2,112m
アルミ種類:ADC12
溶湯温度:720℃+10
溶湯重量:7kg
    

 
  
■結果
 


<各膜の溶損量>
OS-R:0.02g
OS-Ⅶ:1.91g
OS-C:2.23g
CrN:1.95g
    

膜評価

 膜評価1

 
耐摩耗性は、他社比の2倍以上高い。
 
■検証内容

   

  • 加工内容:冷間鍛造プレス
  • 加工油:油性
  • ワーク材:JSH440W(SAPH440) 13t
  • 加工内容:1200tプレス抜き加工
  • 金型サイズ:φ80×104H
  • 金型材質:SKH51
  •    

■結果
 


他社・・・現状1万ショットで定量交換。
 
OS-R+後処理・・・現状2万ショット以上加工可能で、継続評価中。
 

 
 

 膜評価2

 
アルミ除去時間1/3以下に短縮。
耐凝着性向上。
抜け性向上。

 
■検証内容
 

  • 加工内容:アルミ重力鋳造
  • 加工材:AC4C 750℃
  • 金型:鋳抜きピン SKD-61
  •    

  

■結果

コーティングに関する
ご相談・御見積お待ちしております
ご相談・お問い合わせはこちら カタログダウンロード