製品情報
PRODUCTS
最適膜 DLCから セラミックから 被加工材から 探す

DLCコーティング|DLC Prism

DLCコーティング|DLC Prism

刃先の鋭利さを損なわない
DLCコーティングの薄膜仕様

DLCコーティング(a-C:Hタイプ)の薄膜仕様

DLC PrismはDLCスタンダード膜〈DLC-EX〉の膜厚を0.5ミクロン以下にした、DLCコーティング(a-C:Hタイプ)の薄膜仕様です。低温成膜で熱による母材の歪みや変形が少なく、なめらかで硬い膜質に定評があります。

膜厚が影響するアルミ切削用の小径工具や、小さな機械部品のDLCコーティングに最適。刃先の鋭利さを損なわない薄膜コーティングで刃物の滑りを抑え、切れ味の低下を防ぎます。

DLCコーティング-DLC Prismの用途例

アルミ加工用小径工具、小径カッター、アルミ箔切断刃 など

DLC Prism のスペック

  • 色調
    レインボーブラック
  • 膜硬度
    3000〜3500 Hv
  • 膜厚
    0.2〜0.5 µm
  • 酸化温度
    400 ℃
  • 処理温度
    200〜250 ℃
  • 摩擦係数
    0.09〜0.13
  • 電気抵抗値

    106Ω・cm以上

  • 撥水角

    65〜75°

a-C:Hタイプの特徴

a-C:Hタイプは水素化アモルファスカーボン構造のDLCコーティング。膜内に水素を含有しており、硬さとじん性のバランスに優れているのが特徴です。
アンダーコート仕様で、鉄・超硬・ステンレスなどさまざまな母材に適応できます。