製品情報
PRODUCTS
最適膜 DLCから セラミックから 被加工材から 探す

DLCコーティング|AC-X

DLCコーティング|AC-X

カーボンのSP3構造を90%保有
超高硬度のDLCコーティング

DLCコーティング(ta-Cタイプ)の当社スタンダード膜

AC-Xはダイヤモンド構造であるカーボンのSP3構造を90%保有する、DLCコーティング(ta-Cタイプ)の当社スタンダード膜です。グラファイトを瞬間的にアーク蒸発させ、イオン化したカーボンを高純度で取り出すことで、なめらかで硬い膜質を実現しています。

DLCスタンダード膜〈DLC-EX〉にくらべ、硬度・耐熱性・耐凝着性に優れ、アルミ・銅などの非鉄金属の高速加工に最適です。(密着力を確保するため、母材には超硬をおすすめします)

DLCコーティング〈AC-X〉の用途例

非鉄金属(アルミ・銅・銀・錫など)切削用の超硬工具(ドライ加工)、超硬パンチ、金型 など

AC-X のスペック

  • 色調
    レインボー
  • 膜硬度
    7000 Hv
  • 膜厚
    〜0.7 µm
  • 酸化温度
    550 ℃
  • 処理温度
    150 ℃
  • 摩擦係数
    0.09~0.13
  • 電気抵抗値

    107Ω·cm以上

  • 撥水角

    80°

  • 応力

    10GPa

試験データ

テスト内容:アルミ合金切削試験(Φ6エンドミル 切削速度V=226m/min 切り込み深さ6mm)
結果:DLC-EXと比較して約2倍の継続切削が可能であった
試験データ

装置

装置
イオン化カーボンを、高純度で取り出すX-FADシステムにより、平滑、高硬度を実現。[特開 2007-9303]

ta-Cタイプの特徴

ta-Cタイプはテトラへドラルアモルファスカーボン構造のDLCコーティング。ダイヤモンド構造のsp3比率が高く、硬く耐摩耗性に優れているのが特徴です。