製品情報
PRODUCTS
最適膜 DLCから セラミックから 被加工材から 探す

DLCコーティング|AC-X・X

DLCコーティング|AC-X・X

膜厚と硬度のバランスを最適化
高硬度のDLCコーティング

DLCコーティング(ta-Cタイプ)の特殊仕様

AC-X・XはDLCスタンダード膜〈AC-X〉の「膜厚」と「硬度」をバランスよく最適化した、DLCコーティング(ta-Cタイプ)の特殊仕様です。グラファイトを瞬間的にアーク蒸発させイオン化し、カーボンを高純度で取り出すことで、なめらかで硬い膜質を実現しています。

厚膜仕様の〈AC-X・W〉にくらべ膜硬度を落とすことで、厚膜化によるチッピングを抑制。超硬の摺動部品や、耐摩耗部品に最適です。(密着力を確保するため、母材には超硬をおすすめします)

DLCコーティング〈AC-X・X〉の用途例

耐摩耗部品、ステンレス薄板プレス(0.05t) など

AC-X・X のスペック

  • 色調
    レインボー
  • 膜硬度
    5500 Hv
  • 膜厚
    1 µm
  • 酸化温度
    550 ℃
  • 処理温度
    150 ℃
  • 摩擦係数
    0.09〜0.13
  • 電気抵抗値

    107Ω·cm以上

  • 撥水角

    80°

  • 応力

    7GPa

特長

AC-X
膜厚:0.5µm
表面粗さ(Ra):4nm
AC-X・X
膜厚:1.0µm
表面粗さ(Ra):5.3nm

 

■SEMによる膜断面写真

 

■AC-Xとのスペック比較

 

AC-X AC-X・X
膜厚 〜0.7 1
硬度(Hv) 6000〜7000 5500〜6500
応力(GPa) 10 7

 

※AC-X・Xは、母材は超硬をお勧めします。
※工具にはAC-Xをお勧めします。

ta-Cタイプの特徴

ta-Cタイプはテトラへドラルアモルファスカーボン構造のDLCコーティング。ダイヤモンド構造のsp3比率が高く、硬く耐摩耗性に優れているのが特徴です。